家庭用脱毛器は意外とお金がかかりサロンに通うのと同じ位になります。

家庭用脱毛機の効果・コスト

 

家庭用脱毛器

 

ここ10年で家庭用脱毛機の性能は大幅にあがって、大手ECサイトのレビューでもサロン脱毛並の効果があるなど高評価が目立ちます。
当サイトの見解としては、使うのであれば最低5万円以上の本格品を使うこと。そして広範囲の脱毛を時間をかけてでもお得にセルフ脱毛したい人にはオススメします。
進化したのは家庭用脱毛器だけではなくサロン脱毛や医療脱毛も同じです。
ネットレビューしている人は最新のメンズ脱毛事情を理解していないこともあるので鵜呑みにしないようにしましょう。

 

 

安物は絶対に買ってはいけない

 

NOTセール

 

Amazon、楽天などの大手ECサイトのレビュー評価を見てもらえれば安物を買っても効果が少ないことが分かると思います。
高評価を付けている人も女性のワキ毛など、ちょっとしたムダ毛の処理の内容が中心です。
男性の太くて濃い毛で、ヒゲやボディで体感できるだけの脱毛効果を得るのであれば、一流メーカーの実績のある商品を選んでください。
効果のない安物を買うと、結果的に短期間で買い直したり他の脱毛にお金をかける流れになってしまいます。
購入費用の目安としては5万円以上です。一番人気と言われている「ケノン」という家庭用脱毛機は約7万円かかります。
月に2回のペースで全身脱毛すると1年に1回ほどのペースでカートリッジ交換(1万円前後)も必要になります。
最低でも月に2回、できれば3日~週1前後など家庭用脱毛機は効果の出るまでは小まめに照射することを求められます。
時間はかかりますが、定期的に照射をし続ければ、高い確率で脱毛効果を実感できると言われています。

 

 

医療脱毛やエステ脱毛と費用はあまり変わらない

 

お金

 

ケノンで新品購入+カートリッジ1回の交換で満足の行く脱毛(減毛)効果を得られた場合にかかるコストは約8万円です。
8万円の予算があればエステ脱毛や医療脱毛も利用できます

 

たとえば医療脱毛の最安値として人気を集めている湘南美容クリニックのヒゲ3部位(口上、アゴ、アゴ下)3部位6回セットで29,800円です。
ほかにも安いサロン脱毛で8万円の予算があれば、保証付きで広範囲の脱毛が可能になります。
医療脱毛やサロン脱毛は少ない回数で確実な効果を得られるため、結果的には家庭用脱毛機を使うよりも安くてスピーディーにゴールにたどりつく場合があります。
サロン脱毛でも全身を行うとコースで30万円前後が相場になるので、時間をかけてでもお得に脱毛したい場合は家庭用脱毛機を試してみるのも良いでしょう。

 

 

サロン脱毛も進化をしている

 

進化のイメージ

 

サロンによって使う脱毛機は違いますがメンズ脱毛で人気を集めて急成長しているリンクスの場合、医師と脱毛機メーカーが共同開発した強力な脱毛機を使っています。
一世代前の脱毛機は大きさで言うとアイロン程度の手で持ちながらできるものですが、最新のタイプはキャスター付きでオフィスで使うキャビネットくらいの大きさがある本格的な脱毛機を使っています。
家庭用脱毛機のレビューであるサロン並の効果というのは、一昔前のサロン脱毛を対象にしていることが多いです。
逆にサロン脱毛の利用者の声を聞くと、高額な家庭用脱毛機とは比べ物にならない効果を得た体験談も多数あります。