脱毛サロンとクリニックのそれぞれのメリットとデメリットをご紹介します。

脱毛サロン・脱毛クリニックとは?

 

考える男性

 

店舗に通って脱毛するサービスは脱毛サロンと脱毛クリニックの2種類があります。

 

脱毛サロンはエステ脱毛サロン脱毛と呼ばれることもあり、通常のボディシェイプや美肌系のエステと脱毛サービスを兼用しているところや、メンズ脱毛を専門に扱っているところがあります。

 

脱毛クリニックは主に美容外科、美容皮膚科をはじめ一部の皮膚科などで扱っていて、医療脱毛とも呼ばれています。
病院での施術になりますが、脱毛は保険適用外のため自費診療になります。

 

店舗脱毛を検討している場合は、それぞれの特徴を理解した上で比較してみてください

 

 

脱毛サロンの特徴

 

サロンで施術を受ける男性

 

  • 医師 ・・・ 不在(医師監修のサロンもある、肌トラブルは提携院で無料対応してもらえる場合もある)
  • 施術者 ・・・ 資格不要(社内資格や社内研修を受けた専門のエステシャンによる施術)
  • 脱毛機 ・・・ 光脱毛(フラッシュ脱毛)、ニードル脱毛(電気針脱毛)

 

 

脱毛サロンは医療機関ではないため、医療脱毛で扱っているレーザー脱毛の使用は認められていません
ヒゲ全体やボディの脱毛は広範囲に強い光脱毛がオススメです。
ニードル脱毛は1本ずつ処理するのでヒゲのデザイン脱毛や指の毛など狭い範囲の脱毛に適しています。

 

光脱毛は出力が弱いため、何度も通うことで永久脱毛効果を得られます。
医師や看護師不在で人件費の安いことから、価格は安くて複数回セットプラン、全身脱毛など全般的に価格設定はリーズナブルです。
出力の弱い分、肌トラブルリスクや痛みは少ないです。

 

 

脱毛クリニックの特徴

 

ドクターのカルテ

 

  • 医師 ・・・ 必要 (主に肌トラブル時や初診のみ医師が対応)
  • 施術者 ・・・ 看護師もしくは医師
  • 脱毛機 ・・・ レーザー脱毛

 

脱毛クリニックは医療機関のみ認められた強力なレーザー脱毛機を使っています。
少ない回数で高い脱毛効果を得られるので短期間で永久脱毛を目指したい人に適しています。

 

強力なので痛みは強いですが、医療機関なのでオプションで麻酔や痛み止めの処方をしてストレスなしに施術を受けることもできます。
医師が駐在しているので肌トラブルが起こっても、通っているクリニックに通院してスピーディーな処置をしてくれます。

 

多くの脱毛クリニックではカウンセリングは無資格の専門スタッフが応対し、トラブルにならなければ医師と一切の関わりを持ちません。

 

 

ともに進化をしている

 

やる気のある看護師

 

それぞれのデメリットをまとめると以下のようになります。

 

脱毛サロンのデメリット
  • 脱毛効果が弱い
  • 回数をこなす必要がある

 

脱毛クリニックのデメリット
  • 痛みが強い
  • 肌トラブルを起こしやすい

 

 

人気の脱毛サロンは法的に認められた光脱毛のなかで出力を最大限に高めたり効率的に毛にアプローチできるように改良されていて、脱毛効果は年々高まってきています
レーザー脱毛に比べると回数をこなす必要がりますが、規定回数を超えると大幅割引の適用される保証プランを用意するなどして確実な効果を約束しています。

 

医療脱毛は、レーザーの波長を見直して毛根より浅いバルジ領域を破壊する脱毛機が普及していて、痛みと肌トラブルリスクは少ないです。
従来のレーザー脱毛は黒い毛に反応する仕組みのため日焼けした肌はNGですが、一部の最新機種は日焼けした黒い肌でも対応できるケースもあります。
価格の高さをネックにしていますが、大手では効率的に患者を回転されるなどの企業努力によって低価格のプランを打ち出すクリニックも増えています。

 

つまり、脱毛サロン、脱毛クリニックともに最新機種の脱毛機を用意して、利用者にメリットのある魅力的なプランを用意しているところを選ぶことが大切です。
家庭用のセルフ脱毛ツールも進化しているのと同じで、店舗脱毛も脱毛機、サービス、料金設定で進化をしています。
サロンとクリニックの双方の進化によって現在のメンズ脱毛ブームが起こりました。
いまだに最新脱毛機を導入していなかったり高額な料金設定をしている昔ながらのサロンやクリニックもあるので、人気の高い大手か脱毛機の機種と特徴を紹介しているところから選ぶとよいでしょう。