脱毛ワックスや除毛クリームによるセルフ脱毛は何が危険?

ワックス・クリーム

 

手に乗ったクリーム

 

脱毛用のワックスや除毛クリームは主にボディのムダ毛処理に使います。
腕やスネ、胸・腹などの毛は剃っても毛の根本が残って逆に汚くなってしまいます。
ワックスは主に毛をまとめて抜いて処理クリームは毛を溶かす処理になり、かかるコストや時間は部位や状態、処理をする頻度によって変わります。
頻度的には毛を抜くワックスの方が新しい毛の生えてくるまでのサイクルは長くなりますが、処理する際の痛さがネックになります。
クリームは肌表面の毛を残せますが毛の根本は残っているので再び生えてくるサイクルが早いです。
いくつかのパターンを見ながらコストと時間を検証してみました。

 

 

ケース①1年中腕毛を処理

 

腕のイラスト

 

全身毛深い人でも、特に露出をするのが腕です。長袖を着れば隠せますが真夏に半袖を着てもいい環境で長袖を着るのは不自然ですし、冬でも力仕事をしているときに腕まくりなど、周囲に露出する機会の多いため、1年を通じてワックス、クリームで処理をする人が多いです。
腕に関してはワックスでも比較的痛みの少ない場所だと言われています。

 

ワックス脱毛シートの場合
購入商品 20組40枚入り1,500円
使用頻度 1回2組4枚を10日に1回利用
年間コスト 5,475円(年間3.65セット購入)
年間処理時間 6時間5分(1回10分×36.5回)

 

脱毛クリームの場合
購入商品 210g3,000円
使用頻度 1回21gを5日に1回のペースで使用
年間コスト 2,400円(年間8本購入)
年間処理時間 12時間10分(1回10分×73回)

 

 

ケース②全身をクリームで処理

 

男性の全身イラスト

 

腕、足、胸、腹、VIOなど全身毛深い場合は除毛クリームがオススメです。ワックスでも処理できますが1回に処理できる面積に限界があるため複数部位や広域は除毛クリームがオススメです。
最近ではメンズ脱毛向けにVIOも対応した強力な商品がネット通販でよく売れています。
夏の海やプールに行くシーズン、温泉旅行やスノボー、友人とのスーパー銭湯など特定のシーズンやイベント前だけクリームで処理する人もいれば、いつ脱いで裸を見せる場面があってもいいように1年中処理している人もいます。
綺麗に処理はできますが、全身毛深い方は背中などセルフ処理しきれない部分もあるので注意しましょう。

 

 

年5回のみクリーム脱毛
購入商品 210g3,000円
使用頻度 1回1本(210g)使用
年間コスト 15,000円(年間5本購入)
年間処理時間 5時間(1回60分×5回)

 

10日に1回のペースで1年中使用

 

購入商品 210g3,000円
使用頻度 1回105gを5日に10回のペースで使用
年間コスト 57,000円(年間19本購入)
年間処理時間 36時間30分(1回60分×36.5回)

 

 

定期的に処理すると上手に節約して使うコツや少ない量で処理できる部分も出てくるので、少ない量で対処できた場合の試算です。
使用する商品によって変わりますが、セルフ脱毛でも全身になると相応のコストがかかってきますし、クリームを使っても完璧に処理するのは難しいです。
実際には、クリームを使ってから目立つ毛を抜いて処理する人も多く、実際にはさらに大きな時間をかけている方もいます。